ほうれい線 いきなり

MENU

いきなりほうれい線が出来た!そんな時のほうれい線の消し方

ふと鏡を見ると…昨日までは気にならなかったほうれい線がくっきりと目立つ!そんなことってありませんか?

 

ほうれい線って、お肌の状態に左右されて目立ったり、目立たなかったりするエイジングサインの一つだと思います。

 

しっかりお手入れしていれば普段は目立たないけど、少しスキンケアをサボると目立つようになってしまったりする厄介な存在ですよね。

 

いきなりほうれい線ができてしまった時は、慌てずにその原因を見極めることが大切です。原因に合わせたお手入れをすることで消すこともできますので大丈夫です!

 

ここからはいくつかのシチュエーションを挙げてみようと思います。ご自身のシチュエーションに近いものを参考にしてみてくださいね。

シチュエーション@仕事が忙しく、メイク落としやスキンケアがおろそかに…気づいたらほうれい線が!

仕事が忙しい毎日が続き、帰宅はいつも遅いAさん。メイク落としやスキンケアもそこそこに寝てしまっています。少し仕事が落ち着いてふと鏡を見ると…ほうれい線がくっきり!どうすればいいでしょう?

 

仕事が忙しいAさんは、メイクをしている時間も長いでしょう。実はメイクは、肌にとって大きな負担となってしまいます。長時間メイクをしているとお肌の乾燥を招いたり、皮脂と混ざって毛穴詰まりを起こす恐れも…

 

そのような状態が続くと、肌の新陳代謝が鈍くなってしまい、肌表面のキメが乱れてほうれい線が寄りやすくなってしまいます。

 

Aさんのほうれい線は、そのような状態を改善することで消すこともできるはずです。

 

具体的には、「肌に負担の少ないメイクをすること」をおすすめします。例えばミネラルファンデーションは肌への負担が非常に軽く、つけたまま寝ても大丈夫だと言われています。メイクを落とす時も石鹸で洗えばOKなので忙しいAさんにとって時短になるでしょう。

 

メイクによる肌への負担を減らせば、次第に肌のキメが復活してほうれい線が寄りにくいお肌に戻すことができますよ。

 

また、スチーム美顔器などを使用した時短美容もおすすめです。スチーム美顔器は肌のキメを整え、肌にハリを出してほうれい線を改善してくれる効果があるとされています。

 

また、毛穴を開かせてメイクを落としやすくすることもできるのでメイク落としの前に使うこともできますよ。Aさんのような忙しい女性は、時短スキンケアができる美顔器を使うのも1つの方法ですね。

シチュエーションA育児が忙しく、自分に使う時間もお金も節約中…気づいたらほうれい線が!

育児に忙しい毎日のBさん。少しも目を離せないため、お風呂上がりのスキンケアも以前のように丁寧にはできません。育休中なため、高価なスキンケアアイテムも我慢中!そんな中、ふと鏡を見るとほうれい線が!どうすればいいでしょう?

 

子育てに忙しく、自分のことがおろそかになってしまうママは多いかもしれませんね。Bさんのように時間もスキンケアにかけるお金も節約したいママは、例えばこんなスキンケアをすることでほうれい線を消すことができるかもしれません。

 

  • それは、「オールインワン化粧品+マッサージ」です。

 

オールインワン化粧品は、それ1品でスキンケアが完了してしまう時短アイテムです。オールインワン化粧品はゲル状であることが多いのですが、そのテクスチャーを生かして、マッサージしながら肌に伸ばすことでほうれい線改善効果を高めることができます。

 

スキンケアの際にマッサージをすると、顔の血行が良くなったり、むくみが解消するなどの効果が得られます。血行不良やむくみはほうれい線の直接の原因となってしまうので毎日のスキンケアで解消するのがおすすめなんです。

 

オールインワン化粧品を肌に伸ばしたら、こすりすぎないようにしながら左右対称に肌をほぐします。最後に、首筋をなでおろすようにして老廃物をリンパに流し込みます。

 

この1ステップを取り入れることで、オールインワン化粧品の効果を高め、ほうれい線が目立ちにくい肌状態に整えることができますよ。

 

  • また、このケアをさらに手軽に、でも効果的に行うことができるのが、「超音波&イオン導入美顔器」です。

美顔器でジェルをイオン導入して保湿しつつ、超音波の振動できめ細かなマッサージを行うというケアが一度にできるので、化粧品や自分の手によるトリートメントよりさらに時短&さらに効果的なケアができるんですね♪

 

いずれもあまり時間もかけずにできるスキンケアなので忙しいママのほうれい線対策として試してみてはいかがでしょうか。

シチュエーションBパソコン作業が多く、猫背になりがち…気が付くとほうれい線が!

毎日パソコンやスマホを長時間操作するCさん。作業中は無表情になりがちで、姿勢も悪く、猫背になってしまいます。スキンケアは頑張っているのですが、ある日ふとほうれい線が目立っているのに気づきました。どうすればいいでしょう?

 

Cさんのように、パソコンやスマホを見ている時間が長いという方は多いかもしれませんね。しかしそのような行為は、ほうれい線を深くしてしまう悪い習慣なんです。

 

無表情でパソコンの画面を見たり、うつむいてスマホの画面を見るなどの行為は、表情筋をこわばらせ、ほうれい線を目立たせてしまう原因となってしまうんです。

 

そのため、近年では若い世代にもほうれい線の悩みが広がっていると言われているんですよ。

 

姿勢が悪かったり、肩コリが慢性化している状態もまた、表情筋のこわばり・コリを招いてほうれい線を悪化させてしまうので注意が必要です。

 

Cさんのようなほうれい線を改善するためには「表情筋」をほぐすことが大切です。表情筋のコリ・こわばりをほぐすと血流がアップし、筋肉の動きがスムーズになります。

 

そうするとお肌のハリが高まってたるみや、ほうれい線の溝が目立ちにくくなるんですよ。

 

表情筋をほぐす方法はたくさんあります。例えば、大きく口を開けながら「あ、い、う、え、お」と発声することで表情筋をまんべんなく動かし、こわばりをほぐすことができます。

 

また、EMSという機能を搭載した美顔器などを使用するのもおすすめです。EMSは自動で筋肉を動かすことができる仕組みなので表情筋のトレーニング効果が高いとされています。

 

さらに、姿勢を正すこともほうれい線改善に役立ちます。パソコン作業をする際には腰にクッションを当てて姿勢を整えたり、正しい姿勢をサポートしてくれる椅子などを活用するのも良いですね。

 

 

 

いきなりほうれい線ができた場合は、その直前の行動を見返してみましょう!ご紹介したシチュエーションのように、スキンケアが足りていなかったり、顔の筋肉がこわばっていたりするかもしれませんね。

 

思い当たる原因が見つかったら、それに合ったお手入れを取り入れてみましょう!やみくもにスキンケアをするよりも、ほうれい線を消す効果を高めることができますよ♪シチュエーションでご紹介したような解消法を是非試してみてくださいね!

 

 ほうれい線に効く!美顔器ランキングに戻る♪