ほうれい線 骨格

MENU

ほうれい線の原因:骨格を矯正すれば消せるの?

ほうれい線は顔のたるみが原因でできる気がしますが、たるみ以外にも意外な「骨格」という要素がほうれい線に影響していることがあります。

 

ここでは、ほうれい線の原因となりうる骨格の歪みについて詳しく見てみましょう。

骨格の歪みはほうれい線の原因!骨格と筋肉とほうれい線の関係とは?

肩こりを治すために整体に行ったら、「骨格に歪みが出てます!」と言われたことがあります。骨って意外と動くものなので生活習慣などによって歪んでしまうことがあるんですよね。

 

それが体の不調やコリにつながったりするのですが、実は、「顔の骨格」も例外ではないんです。

 

顔にも骨があり、その上に筋肉や脂肪、皮膚がついていますよね。そのため、骨格が歪むことで筋肉の付き方が歪んでしまい、筋肉と筋肉の間の溝が目立ちやすくなってほうれい線となってしまうことがあるんですよ。

 

また、生まれつきの骨格によってもほうれい線が目立ちやすい場合もあるようです。

 

具体的には、左右の頬骨の高さが違っていたり、頬の骨が前に出たり、下がっていたりするとほうれい線の原因になってしまうようですね。

骨格は後天的に歪む!ほうれい線を作るNG習慣はこれ!

このように、骨格の歪みはほうれい線を目立たせる原因となってしまいます。

 

骨格の歪みというと生まれつきの症状を想像するかもしれませんが、実は骨に圧力がかかるような生活習慣によって後天的にも歪んでしまいます。

 

例えば、頬杖をつく癖や、片方の頬を下にして寝る癖、片方の顎で噛む癖、歯を噛みしめる癖、などがある方は骨格が歪みやすく、筋肉の付き方が偏ってしまう恐れがあるんですね。

 

このような習慣がある方は、それを治すだけでもほうれい線を消せるかもしれません。要は、骨や筋肉にかかる圧(負担)を減らしてあげればOKなんですよ。

ほうれい線を消すには骨格矯正も有効♪自分でできる方法もあります!

もっと積極的に骨格を矯正したいなら、専門家に骨格を矯正してもらう方法もあります。

 

例えば「美容整体」「小顔矯正」などの名称で顔の骨格矯正を行っているところはたくさんありますね。もちろん、普通の整体でも顔の骨格を整えてもらうことはできます。

 

また、顎関節症を治すことで骨格の歪みが改善し、ほうれい線が消えたという事例もあるようです。この場合は歯医者さんに相談ですね。

 

また、ほうれい線を消すために自分で骨格を矯正する方法もあります。ここでは、簡単な方法をご紹介します。

 

  • 手順@顔の両側のエラ部分に、親指の付け根を当てる。
  • 手順A片方は上に押し上げ(頬骨を押し上げる感じ)、片方は下に押し下げて10秒キープ!
  • 手順B左右反転して同様に10秒キープ
  • 手順C頬骨の下に親指の付け根を当て、軽くもみほぐして終了。

 

これはあくまでもセルフケアなので効果は一時的です。しかし、筋肉をほぐす効果は期待できますよ♪

 

また、習慣にすることで骨格の歪みを改善してほうれい線を目立たなくすることもできるかもしれません。

 

 

 

骨格の歪みは、ほうれい線と深く関わっています。ほうれい線を消したいなら、まずは骨格が歪むような習慣がないかをチェックしてみて、それを改善してみてくださいね♪

 

 ほうれい線に効く!美顔器ランキングに戻る♪