美顔器 ほうれい線 20代

MENU

20代のほうれい線はどうしてできる?消し方は?

20代にとって、ほうれい線はまだ縁遠いものだと思いがちですが、実はそうではありません。

 

20代でも、ほうれい線はできてしまいます。その原因と、消し方を紹介したいと思います。

20代のほうれい線の原因@生まれつきの骨格

早い年齢からほうれい線が気になる人は、生まれながらの骨格が影響している場合があります。卵型、面長の顔で痩せ型の人はほうれい線が出やすいと言われていますよ。

 

生まれながらの骨格を治すことはできませんが、
・「頬杖をつく」
・「気が付くと猫背になっている」
・「寝る時に横を向いて寝る」
という生活習慣により骨格にゆがみが出ている場合は、このような癖を改善することでほうれい線が改善することもあります。

20代のほうれい線の原因A乾燥

紫外線の影響やストレスなどで肌のキメが乱れ、潤いが低下すると、肌に細かいシワが出来やすくなります。

 

表情ジワも定着しやすくなるので、笑ったあとにほうれい線が戻らなくなる状態の方は肌の乾燥を疑ってみましょう。

 

夜のスキンケア(保湿)を今までより丁寧に行い、UV対策を徹底することで乾燥ほうれい線は改善することができます。

 

20代のほうれい線は、まだ「初期段階」と言っても良い状態です。しっかりしたスキンケアとUV対策、姿勢の改善などで充分改善するので、早めのケアを心がけましょう。

 

化粧水や美容液などで普段からきちんと保湿対策はしてるんだけど、なぜかほうれい線がまだ目立つ・・・といったときは、保湿が十分にできていないことも考えられます。

 

そんな時は、手で化粧水などをつけるよりもさらに効果的な手段を考えても良いかもしれません。

 

手でつける時の○倍の効率で保湿できる?!
これなら私のほうれい線も消えるかも♪