美顔器 ほうれい線 30代

MENU

30代のほうれい線の主な原因は?どうしたら治る?

30代は、ほうれい線が本格的に気になりだす年代です。その主な原因とは?

 

原因と、解消法をご紹介します。

30代のほうれい線の原因@乾燥

20代よりも肌の保湿力がさらに低下する30代では肌の乾燥が進み、笑った時の表情ジワがほうれい線としてさらに定着しやすくなってしまいます。

 

肌の水分量を高めるためにはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど、保湿力の高い成分を配合した化粧水、美容液などでお手入れする必要があります。

 

基礎化粧品を見なおしたり、美顔器などで化粧品の効果を高めるケアをするのがおすすめです。

 

また、紫外線は肌を乾燥させ、コラーゲン組織を破壊するので、日中の紫外線対策はしっかりしましょう。

30代のほうれい線の原因A肌のたるみ

30代になると、「たるみ」も進んでほうれい線を深くするようになります。

 

加齢や紫外線ダメージにより、真皮層のコラーゲンは減少します。そうしてハリが低下した皮膚を筋肉が支えきれなくなることが原因です。

 

こうしてできたほうれい線を改善するには、表情筋を鍛えたり、皮膚のコラーゲンを増やす対策をしていきましょう。

 

顔には、「表情筋」という薄い筋肉があり、意識して動かさないと衰えてしまいます。大きく口を開けて「あーいーうー」と発音したり、食事の時に良く噛んで食べるだけでも筋肉のトレーニングになりますよ。

 

一方コラーゲンは、化粧品や自分の手によるケアだけではなかなか効果が出にくいのが実際のところ。でも放っておけばさらに減っていってしまいます。

 

皮膚のコラーゲン量を増やしたい場合は、エステやクリニックでそれ専用の施術を受けるのが恐らく一番効果的だと思います。

 

が、エステやクリニックに通う予算はちょっと厳しい・・という方には、美顔器という手も。最近では、家庭で使える美顔器でもクリニックと同様の施術が家庭用に少しパワーを落として使えるようなものも出ていて、かなり人気になっています。

 

ほうれい線がちょっと深くなってきた・・・という気がするときは検討してみても良いかもしれません◎

 

お家でコラーゲンが増やせる美顔器?
話題の人気美顔器はこれです★