美顔器 ほうれい線 40代

MENU

40代以降のほうれい線ができる理由と治す方法を教えて!

40代以降のほうれい線は、ある程度は仕方がないものかもしれません(涙)。

 

でも、同じ年代でもほうれい線がある人とない人(濃い人と薄い人)がいますね。ほうれい線がない方は、ほうれい線ができにくい骨格をしていたり、若いころからスキンケアをしっかりしている方が多いようです。

 

では、40代でほうれい線ができる理由とは?改善方法とともにお教えします。

40代以降のほうれい線の原因@たるみ

40代になると、たるみが顕著になってきます。長年かけて肌に蓄積された紫外線ダメージによる影響もあるし、加齢によりコラーゲン量が減少するのはある程度避けられないことです。

 

改善するにはコラーゲン量を増やし、表情筋を鍛えることです。

 

コラーゲンを増やすには、化粧品で補給するだけでは足りません。コラーゲンサプリを飲んだり、コラーゲン生成を促進できる美顔器などを使って内側からのケアをするのが効果的です。

 

コラーゲンを増やす美顔器には高周波美顔器や、超音波美顔器、レーザー美顔器などがあります。

 

また、たるんだ皮膚を引き上げる力を強めるために、表情筋を鍛えることもほうれい線改善に効果があります。上記の高周波美顔器や超音波美顔器は、表情筋を刺激することもできるので一石二鳥ですね。

 

美顔器を使わない場合は、正しい方法で表情筋トレーニングをしましょう。上手に行わないと、余計シワを増やすことになるので注意が必要です。

40代以降のほうれい線の原因Aシワとして深く刻まれること

ほうれい線の状態が長く続き、また、たるみが進んで頬のお肉が下がってくると、ほうれい線が深くなり線のクセがすっかりついてしまいます。

 

このようにシワとして深く刻まれた効果的にほうれい線を消していくには、
 たるみを解消すること
 クセのついた部分の皮膚を新しくすること
が効果的。

 

たるみの解消は上記でご紹介しました。もう一つのクセのついた部分の皮膚を新しくするには、化粧品では追いつかないことも多いので、やはり美顔器などがおすすめかなと思います。

 

それが得意なのは、レーザー美顔器。皮膚に傷をつけてそこから新しい皮膚を作っていくため、ほうれい線のクセがついた部分の皮膚も新しく作りかえていく効果が期待できるのです。

 

 

40代以降のほうれい線は、一朝一夕には消すことは難しいですが、根気よくケアすれば若々しさを取り戻すことは十分可能だと思いますよ!諦めずにまいりましょう♪